30日
9月
2021年

できる限り出費を抑えたい!単身赴任における節約のコツ

単身赴任で掛かる出費の平均相場

地方などに支店が多く存在する大手企業では、前触れもなく会社命令で転勤を言い渡されることもあります。家族を残して単身赴任をする場合に気になる人も多いのが月々の生活費です。地域によって家賃や物価などの違いはありますが、単身赴任における生活費の平均は15万円前後と言われています。

生活の出費を抑えるコツ

キャリアや年齢によっては収入に対する出費の多さで毎月ギリギリの生活になってしまう人も少なくありません。生活に余裕を持たせるポイントの一つが手当の利用です。企業によっては会社の都合で単身赴任を強いる場合に、給料とは別に手当てが支給されることがあります。単身赴任手当は平均5万円前後となるので、大きく負担を減らすことが可能です。ただし、支給される条件や金額は会社によって異なります。中には手当という制度すら用意されていないケースもあるので事前に確認しておかなくてはいけません。

家賃や光熱費の見直し

単身赴任の生活において特に大きな出費となるのが賃貸物件で発生する家賃です。賃貸物件は立地や間取りの広さ、階数などで数万円以上変わるケースも珍しくありません。1年程度の短い期間であれば多少快適性が損なわれても家賃が抑えられる物件を選ぶ方が賢い選択と言えます。電気や水道を始めとした光熱費も使い方によっては生活費を抑える有効な手段の一つです。不必要に夜更かしをせずに早寝、早起きを基本とする、インターネットを使う時は安いプロバイダーと契約をするといった工夫が重要になります。

単身赴任の家具は中古ショップで購入する人も多いです。単身赴任が終了して自宅に戻る時に家具の処分が必要となる場合が多いため、中古品ならば惜しまずに捨てやすいためです。

You may also like...