30日
7月
2019年

少人数結婚式にはどのようなメリットデメリットがあるの?

少人数結婚式のメリットは

少人数結婚式を行ううえでのメリットと言えば、費用を抑えやすいということが挙げられます。ゲストの数が多くなれば、広い会場が必要になりますし、お料理や引き出物の準備にも費用や時間がかかります。特に若い方など、十分な費用が準備できない場合には、限られた人を呼ぶことで諦めていた結婚式が実現可能になるのです。さらに、呼ぶ人の人数を少なくすることで、二人にとって本当に親しい人たちだけに祝ってもらうことが出来、心のこもった式になりやすいという事も言えます。関係が薄い方まで呼ぶことで、結婚式がありきたりのものになることを防ぎたい場合などには、少人数の結婚式という事を考えてみることに大きなメリットがあるといえるでしょう。

デメリットについても考えて

少人数結婚式にはメリットだけではなくデメリットもあることを考えておきたいものです。メリットだけを考えて進めていくことで、トラブルが発生することがあります。特に結婚式に呼ばれなかった人を傷つける可能性があるということがデメリットとして挙げられます。友人や親せきの中でも呼ぶ人呼ばない人が出てしまうという場合には、その後の人間関係に暗い影を落とすこともあるのです。別途結婚パーティーなどを催すなど、フォローをすることも考えておきましょう。また、地域によっては結婚式を華やかに行うことをよしとするところもあり、そういった風習を無視したという事で気分を害する親戚なども出てくることがあります。しっかりした説明をすることでトラブルを回避しましょう。

少人数結婚式とは、家族や友人などの親しい人だけを招待して執り行われる結婚式を言います。招待客が30人未満である場合が多いです。

You may also like...