26日
4月
2019年

結婚がきまったら!婚約指輪と結婚指輪を選ぼう

婚約指輪って?婚約指輪のデザインはどうすればいい?

ドラマや映画などでよく見かける、プロポーズと同時に差し出される婚約指輪。いわゆる「給料3か月分」と言われていますが、これは今と昔の給与額の違いによるもの。相場自体は現在もさほど違いはなく、特に最近では、婚約指輪にはあまりお金をかけたくないという声も聞かれるようになりました。若い人たちのイメージする結婚生活が、夢溢れるものから現実的な生活や費用を重要視するようになったためでしょう。婚約指輪のデザインも近年では様々なものが売られるようになったため、二人で選びたいというカップルもいます。形だけではなく、色や材質、石によっても受ける印象が大分違ってきますので、まずは大体の方向性を決めましょう。ゴールドがいいのか、石はついているものか、細さはどうかなど、色々な情報サイトを参考に話し合うのも楽しいものです。じっくり相談して、二人が納得のいくものを選びましょう。

結婚指輪は一生の記念!

プロポーズや婚約中に使われる婚約指輪に対し、つけている人が結婚していることを表すのが結婚指輪です。こちらは一生ものなので、婚約指輪よりも力を入れてデザインを選ぶケースも多く、結婚指輪と婚約指輪を重ね付けして両方使用できるデザインも増えてきています。定番のダイヤや、普段使いを考えてシンプルなもの、個性的な形のもの、二人で一緒に作れるサービスなども増えてきているので、二人の記念となるものを選びましょう。平均的な価格としては、婚約指輪よりも結婚指輪の方が安く済ませるカップルも多いようです。婚約・結婚指輪のどちらに費用をかけるのか、そちらも含め話し合ってみましょう。

婚約指輪は一般的に結婚の申し込みをする際に男性から女性へと贈るものです。エンゲージリングとも呼ばれます。

You may also like...